2019年05月25日

新しい時代がスタートしました(>_<)

はるかぜ中島です。




新元号「令和」が始まり、早くも1ヶ月が経とうとしています(>_<)


お笑い芸人のカズレーザーさんが令和に望むこととして「平和な時代が続く事」と言ってました!


「本当にその通りです!!!」と思って5月を迎えたのですが、


やはりそうもいかないのが世の中・・・(~_~)


いきなりの10連休でリズムを崩してしまう方もいらっしゃり、


普段は緊急対応しないような方が何名か、このGW中、はるかぜを利用されました・・・(・_・;)


「早く、連休終わらないかしら・・・・・・」


という言葉を何回も口にしたり、聞いたりしたのは私だけではないはずです(-_-;)



ただ逆に、いつもGWのような連休は調子を崩してしまう方が、


サービスをうまく組み合わせて利用頂いた事で、大きな波もなく、


過ごせたというか方もたくさんいらっしゃったので、


今回のうまくいかなかったことも、うまくいったことも、ひっくるめて、


これから控えているお盆休み(今年はお盆休みも長い・・・・・・・・)に


活かせるといいなと勝手に思っております(`・ω・´)ゞ



この地域の最近の合言葉は、


「緊急から予防へ!!!」 ⇐相談センターの職員さんが言っていた言葉(≧◇≦)


でも個人的には以前も書いたかもしれませんが、


「緊急から予防、そしてその先へ!!!」なので、


「その先」を見据えながらお仕事に励んでいきます(^^)/




最後に、GWを無事に乗り越えられたのは職員の皆さんのおかげですm(__)m


本当は皆さんにもそれぞれ連休があってリフレッシュと充電をして頂きたいのですが、


なかなかまとまった連休を取ってもらう事ができずにすみません・・・


どうか体には気を付けて今後もよろしくお願いしますm(__)m


令和が皆さんにとっても「平和な時代になりますように・・・!!!!!」





はるかぜ 中島

2019年04月07日

新年度が始まりました(>_<)

はるかぜ中島です。



はるかぜの4年目のシーズンがスタートしました(`・ω・´)ゞ


職員体制も若干の変化があり、他事業所から異動してきた職員、


のぞみの郷高社からはるかぜに配属された職員が加わり、さらにパワーアップしました(´∀`*)ウフフ



そして私事で恐縮ですが、今年度は「あんしんコーディネーター」という役も兼務することとなり、


若干、混乱した状況の中での新年度のスタートとなりました・・・(-_-)


ただ、せっかく「あんしんコーディネーター」という役割を頂いたからには、


昨年度のように「はるかぜ内のコーディネート」だけでなく、


地域全体にも視野を広げての問題提起や課題の把握あるいは発掘に取り組まなくてはと意気込んでいます!!!


さて、今日は行動援護で利用者さんと一緒に過ごしていました(^^)/


この方、コーヒーがお好きで今日も食後の缶コーヒーをご一緒させて頂きました(^^♪

DSC_0134.JPG


コーヒーの飲み方って個人的には一息つきながら、ゆっくり飲むものかなと勝手に思い込んでいましたが、


この方は全く逆で一気飲みッス(^O^)



先日の法人の研修で講師の先生が「多様性」とおっしゃっていましたが、


ある意味これも「多様性」という事でしょうか(?_?)


そう考えると多様性があるからこそ面白い事っていっぱいありそうですね(^^)/


逆にコーヒーの件で言えば皆が皆、同じように飲んでいて、さらに同じように飲まない人には同じように飲むように


仕向けるような社会ではつまらないですし、新たな進歩とか発展ってないんでしょうね(・_・;)



話は最初に戻りますが、私が「あんしんコーディネーター」という役割の中で


今年度意識していきたいのはこの「多様性」という事なのかもしれません!


まずは北信圏域では多様性が認められ、それぞれ尊重されながら生活できる地域、


そんな地域になれるよう、微力ながら取り組んでいきたいと思っています(`・ω・´)ゞ



かなり大きな目標を掲げましたが少しでも前に進むためには行政・学校・福祉・その他もろもろ皆様の


お力添えが必須になります!


中島も、もしかしたら意味不明な事を言うかもしれませんが、そこは「多様性」を認めて頂き、


はなから排除するのではなく、少しでいいから耳を傾け、一緒に考えて頂けると、


私自身も承認欲求が満たされるとともに、何よりも活力にもなりますのでよろしくお願いしますm(__)m




あっ、でも明らかにおかしい事を言ってる時には「それはおかしい」とビシッと言って下さいね!!!



はるかぜ 中島

2019年03月06日

実習生が来てくれています(>_<)

はるかぜ 中島です。



はるかぜ周辺では雪もすっかり無くなり、文字通り「はるかぜ」が吹くような暖かい日が増えてきました!(^^)!


さて、今年の夏と来年の春に社会福祉士の実習に来てくれる学生さんが事前実習という形で


3月4日~6日まで来てくれています!!!


しかも2人も(^^♪


DSC_0077.JPG


まず第一印象として、「若い」・・・否、「フレッシュ」(>_<)


こんなことを感じてしまっている時点で自分も年齢を重ねたなとつくづく感じてしまいますが・・・(-_-)


さらに、若いけれどしっかりしている!


何と、道に迷ったりしないために事前に下見ではるかぜまで来てくてたとの事(゚Д゚;)


そして当日も約束の時間よりも前もってはるかぜに来てくれました!


⇒(実は私の方が2人より来るのが遅かったというのはここだけの話です・・・。)


とにかくしっかりしていることと、でもとっても緊張していて、


あどけなさがにじみ出ていたのがとても好印象でした(^^)/




さてこの3日間の実習ははるかぜを含めた「のぞみの郷高社」がどのような事をしているか、


とにかく各場所に行って見てもらうという内容になってますので


スケジュール的には結構タイトになっていますm(__)m


きっと、慣れない環境での気疲れもあったと思いますがそんな姿は少しも見せず、


3日間、やり遂げていました(^-^)




最後が事前実習の最終日でまとめをしたのですがその中で2人とも、


「楽しかった!!!」と言ってくれました(´∀`*)ウフフ


この実習中、現場で実際に色々と話をして下さった職員さんたちのおかげだと思っています!!!


ありがとうございましたm(__)m




最後に、本実習ともなると期間も1ヶ月近くあり、内容もさらにハードになりますが、


是非、実りある実習にして頂きたいので実習生の2人はもちろん、


そこに係わる職員さんも気持ちよく実習ができるよう質問された時には


気軽に応えて頂けるとありがたいですのでご協力をお願いしますm(__)m


8月、実習が始まるのが今からとても楽しみで待ち遠しいです(`・ω・´)ゞ




それまでに自分も色んな意味でレベルアップしなくっちゃ・・・・・(>_<)



はるかぜ 中島

2019年01月30日

今日のはるかぜ!(^^)!

はるかぜ 中島です。



昨日、一昨日と2日続けてまとまった雪が降り、


特に一昨日は「地域定着」で雪かきをしに自宅に伺い、


さらに事業所に戻り雪かきをしていたら半日が終わってしまいました(>_<)


アッ、「地域定着」での雪かきって案外、


レアケースかもしれませんね(´∀`*)ウフフ


そして今日は天気が良く暖かいので昨日、一昨日の雪を解かすために、


隅によけた雪の塊をいじったりして、そんなこんなで私の両腕は筋肉痛です・・・・・。


でも、雪かきした翌日に筋肉痛がきたのでちょっぴり嬉しかったりして(^^♪




さて、お陰様ではるかぜのショートは1月も多くの方にご利用頂いておりますm(__)m


ちなみに、1月は満床の日が31日中、25日!!!


12月よりは空いている日がありましたがそれでもかなり混みあっている状態で、


中にはご予約をお断りしたり、日程の調整をお願いした方もいらっしゃいました・・・。


ご迷惑おかけして申し訳ありません、そしてご協力頂き、ありがとうございますm(__)m


こういった実情については自立支援協議会や月1回開催されている市町村課題検討WGにも


ご報告しておりますが、だからといってすぐに資源が増えるものでもないので、もうしばらくは


ご利用頂いている皆様のご理解・ご協力が必須となりますので何卒宜しくお願い致します!!!


あっ、緊急用の空床2部屋はしっかりと確保してありますのでご安心を(`・ω・´)ゞ




さて、本日利用される方ですが「プラダーウィリー症候群(PWS)」という障がいの方と「自閉症スペクトラム障がい(ASD)」の方の


お約束やお部屋の中の様子になります。


1枚目がPWSの方の「はるかぜのお約束」となります!

DSC_0053.JPGのサムネイル画像


こちらについてはご利用の度に、ご本人とその日の夜勤者とで一緒に確認しております!


内容を見ると中々、堅苦しいものもありますが実はこの方が日中通っている事業者や、


土日に行動援護で利用している事業所でも多少の内容は違えど、同じような物を使用しています!


「枠やルールに縛られると苦しい」という方もいらっしゃいますが、この方については


「枠やルール」がないと物事をご自身なりに解釈をしてしまって苦しんだり、混乱してしまったりという事もあるため、


立ち戻れる「ツール」として「お約束」という枠を設け、その中でご自身の力を発揮しながら、


はるかぜで過ごして頂いています!




2枚目の写真はASDの方のお部屋の中の様子です!

DSC_0054.JPG


この方は、最初に支援したときの風景がそのまま写真のように脳内に記憶されるようで、


スタッフも写真を撮って毎回同じように配置しているつもりではいるのですが時折、


不足していたりするようでご本人から指摘を受けて気づかされます(>_<)


私たちの記憶や写真から読み取る力なんて微々たるものだなとつくづく感じてしまいます(-_-)


ただこの方のすごい所は、


「上書きの手段もしっかりともっている」という事です!!!


変化する事はご本人にとってストレスかもしれませんが、


そのストレスを緩和する手段を身に付けているという事は、


変化の多い定型発達と呼ばれる人々の社会の中でASDの方が尊厳を持って主体的に生活していくには、


大きな武器になるのではないでしょうか(^^)




以上、今日のはるかぜでした!!!



はるかぜ 中島

2019年01月16日

「インフルエンザ」から考える・・・(・・?

はるかぜ 中島です。




長野県では先日、「インフルエンザ注意報」が発令されました・・・(-_-)


これからの時期は「インフルエンザ」、「ノロウイルス」、「ロタウイルス」といった


感染症がおっかない時期ですね(>_<)


さて、「インフルエンザ」というと一般的にはかからないようにするために


「予防接種」というものがありますよね。


ただ、「予防接種を受けた、しかも期間をあけて2回も!!でもかかっちゃった・・・。」


なんて話もたまに聞きます。


また、「予防接種」を受けた人たちも恐らく皆さんさらに感染するリスクを下げるために


「マスクをする」、「人ごみを避ける」、「手洗いうがいをこまめにする」、「加湿空気清浄機を使う」、


人によっては「強さ引き出す乳酸菌 〇ー1を毎日飲む」なんて方もいらっしゃると思います!


何が言いたいかと申しますと、個人差はあるものの、「予防の手段は1つではない!!!」ということです。


このことって前回のブログでも載せた「本当の意味での予防とは」と通ずるものがあるのではと勝手に思ってしまいます!(^^)!


インフルエンザにかかってしまった状態を「緊急」とするならば、


予防接種等は緊急にならための「予防的手段」となります。


物事に絶対という事はありませんが、


きっとその手段が多ければ多いほど、「緊急」になるリスクが下げられるのではないでしょうか(?_?)


「当たり前な事を言ってるな」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、


この当たり前のことが、様々な事情の中でなかなかうまくいかない時もあります(~_~)


でもうまくいかないからといって何もせず、みすみす緊急になるのを待つとか、


「予防的手段」が手薄で「常に緊急と隣り合わせ」とか、


そういった状況の方に対して、


あらゆる資源や制度を活用してほんの少しでもいいから「予防的手段」になり得るものは無いか、


といったこと関係者全員が常に考えられるそんな集団でいたいなぁと思っています(^-^)


それには関係者の皆さんのご協力が必須ですのでよろしくお願いしますm(__)m




「インフルエンザ」という言葉からかなり広がってしまいましたが


ふと思った事を書いてみました(>_<)


最後に、これはあくまでも中島個人的な見解ですのでよろしくお願いしますm(__)m



はるかぜ 中島

最近のブログ記事

高水福祉会理事・統括部長野口直樹のブログはこちら

PAGE TOP

PAGE TOP